9.立川近辺のキャッシュ(03/25 07:16)


< ページ移動: 1 2 >

 一週間前の日曜日、立川方面でジオキャッシングしてきました。
まずは昭島駅を降りて、BD-1で多摩川の河川敷にあるLupin's Treasure IIを目指します。

 ここは2003年にPublishされた由緒あるキャッシュで、日本でも初期に設置されたものになります。 前から来たいと思っていたのですが、なかなか来る機会がありませんでした。

<ネタバレ注意>

 多摩川に架かる拝島橋を渡ったら、上流を目指します。
河川敷によくある野球場、その奥がキャッシュポイントでした。

 野球場の片隅にBD-1を停めて、竹林の中に入り込むと...ありました!
なんせ剥き出しに転がっているのだもの、すぐに見つけることができました。
 
 ただ...問題はキャッシュの状態。
中は水浸しでひどい状態でした。LOGBOOKは水を吸い込んだだけじゃなくて、ちょっと異臭がしています。 LOGを書くなんてもってのほか。
しょうがないのでMEMO紙にLOGを書いてビニールに入れておきました。由緒正しいキャッシュだけにちょっと残念。 (帰ってからLOGをよく読むとそんなLOGが他にもありました。新しいコンテナとLOGBOOKを持っていけばよかった!)
 
 さあお次はPlace where the whale lived inへ。
再び橋を渡って今度は多摩川の左岸を下ります。
八高線の鉄橋をくぐったところが、キャッシュポイントであるくじら公園です。 ココで鯨の化石が見つかったことから名づけられた公園のようです。キャッシュ近くには記念の立て看板がありました。


 
さあ、捜索開始。
といいたいところですが、すぐそばに停めた車の中で昼寝をしている人が!
うーむ...どうもその目先のような気がするんですけど...
 
 そーっと起こさないようにして捜索をしたその時、目に飛び込んできたのは動物の死骸。
うーん、勘弁して〜。 
 あまり見たくは無いのですが、その死骸をよく見てみるとどうやら狸みたい。
始め大きさからして犬かなと思ったのですが、顔を見てみると違うんですよね。こんなところに狸が住んでいるとは!
 
 いやいや感心している場合じゃないんですが、寝ているおじさんも起きてしまい、怪訝な顔で見ているのでここは諦めることにしました。
 
さらに川を下り、橋を渡って右岸へ行きます。今度はEdge of the Townです。
 
キャッシュポイント近くに行くと、なにやら声がしています。
どうやらここは河川敷のラジコン飛行場みたい。
 
姿は見えないのを幸いに捜索開始です。
藪の中に入るなり、怪しいものを発見、それが大当たりでした。


 

しかし、でかい!
これならいろいろと入るでしょう。
 これぐらいの大きさのがいっぱいあれば、大きめのトラベルバグも楽に移動させられるのですけどね。 まあ日本じゃしょうがないと思いますが...
 
 さあお次はFerry boat of Hino(Hino no watashi)
またまた左岸に戻って、さらに川を下ります。
 
 ここは到着するなり発見。
川沿いのキャッシュの隠し場所としては定番ですからね。 
ただちょっと取り出しにくい場所にあってちょっと取り出すのに苦労しました。

だんだんと日が傾いてきましたので先を急ぎます。
 

< ページ移動: 1 2 >

9/1698

コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.13