« にっぽん海風・魚旅5 南シナ海ドラゴン編/椎名誠 | メイン | ローズマリー »

TOKYO BAYSIDE VIEW

 ようやく私にとって4つめとなるキャッシュを設置してきました。(ジオキャッシングで使うキャッシュ<宝>です)
TOKYO BAYSIDE VIEW という名の通り、東京湾の眺めが良いところです。

 ここは通称ナンパ橋と呼ばれ、その名の通りナンパスポットとして有名でした。

そのナンパ方法が変わってます。
 1.まず男も女も2~3人のグループで車であることが大前提。
 2.女の子のグループは橋の上に路駐し、男の子が声をかけてくるのを待ちます。
 3.男の子のグループはその右側に二重駐車するように停め、助手席越しに窓を開けて声をかけます。
   つまりナンパですね。
 4.ナンパが成立すれば、女の子は車を発車させ、男の子の車のあとをついて遊びに行く。
 5.不成立の場合は、女の子は窓を閉じる。断られた男の子は車を前に移動し、一つ前の車に声をかける
なんてドライブスルーのようなというか、システマチックというか、そんなナンパが盛んだったようです。

 2重駐車で危ないので警察の指導があり、今はその面影はありません。

でもナンパは無くなっても、眺めがいい景色を見に来る人が多くて、路駐が多いのは今も変わりません。
特に今の時期は多いです。
空気が澄んで綺麗なので、東京湾の向こう側がよく見えますから...
その代わり寒いんですけどね(なんで車の中から眺めている人が多い)


アクアライン

海の向こうには川崎や横浜のビルや工場も見えます。
たぶん、高いビルはランドマークタワーだと思います。
左下にコスモクロックの上半分らしきものも見えますしね。

でも冬ならばいつでもこんな風に見えるとは限りません。
ちなみにキャッシュの設置に行った日はこんなでした。

本当はこの突堤の先あたりに富士山が浮かび上がっているはずなんですけどね。

今回、ここのキャッシュの設置には数回に渡って設置の準備を行ったのですが、一番綺麗に見えた日が上の写真でした。
ちなみに一番初めの写真は、昨年1月に近くの浜辺から撮った写真で、綺麗に見えるときはこんな風に見えますという参考写真です(笑)

でもホント、条件の良い日の夕暮れには、富士山が夕日に照らされて、浮き上がってくるんですよね。それは本当に幻想的です。

 あとはお勧めは夏の夜。
潮風に当たりながら眺める夜景はまた格別です。
当然のことながら、そういうときはカップルばっかりですが...

まあ晴れてなくても、幕張のビルの夜景をそこそこ楽しめます。

読書発電所は引っ越し中です。コメント・トラックバックは移転先にお願いします。

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: TOKYO BAYSIDE VIEW:

» 東京湾岸~その1~ 送信元 東・西・南・北 by Abruptio
カシミールにキャッシュの隠されている座標をプロットして眺めていると,東京湾の海岸に沿って馬蹄形に並んでいることに気が付きました。 海岸線は風光明媚ですし,キャッシュを隠すのに適した公園なども多くあるので,格好のキャッシュポイントになるわけです。 そんな... [詳しくはこちら]

コメント (2)

Abruptio:

昨日,いつもの相棒と一緒に"WALKING PINE TREES"にお邪魔しました。そのついでに千葉マリーンスタジアムまで行ってきました。キャッシュ"Chiba Marine Stadium"は以前に私は見つけているのですが,その時は相棒抜きでしたので,彼女にも探してもらおうと行ったのです。「暖かくなってら海辺を歩くのはいいね・・」なんて話していました。
ところが,家に帰ってみると"TOKYO BAYSIDE VIEW"が登録されてるではありませんか。
ちょっぴりショックを受けました。すぐ近くまで行っていたのに・・。
近いうちに挑戦しに行きますね。

yomikaki:

 WALKING PINE TREES 並びに Chiba Marine Stadiumhe へおいで頂きありがとうございます。
せっかく近くに来て頂いたのに、TOKYO BAYSIDE VIEW は残念でした。
 あと2~3個は近場に設置しようとたくらんでいますので、その時にでもぜひ来てください
(いつになるかわかりませんが...笑)

 もしくはデートがてらに、夕暮れ時にどうぞ。
晴れていれば本当にきれいですよ。
近くのベイタウンにはこじゃれたレストランがいくつかあります。
「Charinko」という生パスタのお店が一番人気かな?。他にもいろいろあります。

コメントを投稿

About

2006年01月10日 20:18に投稿されたエントリのページです。

ひとつ前の投稿は「にっぽん海風・魚旅5 南シナ海ドラゴン編/椎名誠」です。

次の投稿は「ローズマリー」です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type